ONE JAPAN Hackathon 2020でちくわてっくが大賞他を受賞

8月22,28,29日の3日間にかけてオンラインで行われたONE JAPAN主催のハッカソン「ONE JAPAN HACKATHON 2020」にてちくわてっくが『ONE JAPAN大賞』を受賞。さらに、技術提供企業が選ぶ『IBM賞』、『Rakuten Rapid API賞』および、視聴者が選ぶ『オーディエンス賞』を受賞しました! 

テーマは「世界を楽しく、自分をおもしろく」。コロナ禍における課題を考え、アイデアを形にする機会として、日本全国から全19チーム約80人が参加し、アイデア出しからプロダクトの開発、成果発表まで全てオンラインでおこないました。

ちくわてっくは、在宅勤務で、距離が遠くなった友人同僚や近くなった家族との心の絆を強めるために、会話やメッセージのやり取りから感情分析をおこない、喜怒哀楽に応じた格言を毛筆で書いているような演出で額縁デバイスに表示する『エモー書音(ション)』を開発しました。『エモー書音(ション)』がユーザーの良き理解者となり、心に響く”書”と”音”で日常を豊かにするというアイデアです。

審査員からは技術力と完成度の高さを評価され、視聴者からも商品コンセプトに共感を得て注目を集めました。

ONE JAPAN HACKATHON 2020 公式webページ
https://onejapan-hackathon-vol6.peatix.com/
https://www.facebook.com/1595446137351934/posts/2819155731647629/?extid=eZlfJXOFwDpZmiUr&d=n

作品について 詳しくはこちら
『エモー書音(ション)』 “Emotion”https://youtu.be/hqpB0wDv0aA

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です